07a_RH7D0916

開催概要

日程
9月23日(金)〜25日(日)
開催地
北海道十勝地方
総距離
約1000km
SS路面
グラベル
主催団体
AG.メンバーズスポーツクラブ北海道(AG.MSC 北海道)

タイトルの行方を占う国内最大スケールのラリー

07b_hokkaido_7J7X1528

FIAアジア・パシフィックラリー選手権(APRC)と併催して開催されるラリー北海道は、格式、規模、SS総距離ともに国内最大級を誇るスケールの大きなラリーです。

WRCラリージャパンで使われた十勝平野の山岳路を舞台に、2日間で競われるラリーのSS総距離は約230km。1本のSSが約30kmというロングステージもあり、さらにSSの平均スピードも100km/hを超えるハイスピードステージが用意されるなど、まさに海外ラリーを彷彿させるステージが連続します。速さはもちろん、最後まで走り切る忍耐力と強さ、そしてトラブルを克服するチーム力という総合力が問われるラリーでもあります。

今年も、ラリーの拠点となる帯広市郊外の北愛国交流広場に設定された特設ステージのほか、ダイナミックな走りを観戦できる林道SSを用意。全日本では見ることができない、APRCを走るグループR5マシンの走りを観戦できるのも、魅力のひとつとなっています。

アクセス情報

サービスパークやSSSが設定される北愛国交流広場は、札内川にかかる愛国大橋の河川敷。会場では北海道・食の祭典など様々なイベントが催されます。帯広駅からはクルマで約20分程度。土曜日にギャラリーステージが設定されている陸別サキットへは、帯広駅から道東自動車道の本別JCTで降り、国道245号線で約120分となっています。

ラリー会場で北海道を満喫できる「食の祭典」

07_hokkaido_saiten

大自然に恵まれた広大で肥沃な十勝平野は、農業や酪農が盛んなために、食材の宝庫として知られています。その食材が一斉に集まるのが、北愛国交流広場で開催される「北海道・食の祭典」。北海道名物のザンギやフレンチドックなどの軽食から、道内の食材をふんだんに使ったカレーや豚丼など、あらゆる北海道の食文化が集結します。

リンク

主催者ウェブサイト http://www.rally-hokkaido.com/jp/