開催概要

日程
2019年1月31日〜2月3日
開催地
群馬県嬬恋村
SS路面
スノー&アイス(ターマック)
総距離
約400km
主催団体
AG.メンバーズスポーツクラブ北海道、上州オートクラブ

シリーズ唯一のスノーラリー、独特のテクニックが勝負の行方を左右する

全10戦で戦われる全日本ラリー選手権で唯一のスノー&アイス路面のラリー。2017年に全日本戦に加えられ、今シーズンで3回目を迎えました。魅力はなんといっても、雪の中を疾走するラリーカーが見られること。また、ナイトステージは「海外でのラリーを彷彿とさせる景色」と、熱心なラリーファンからも好評です。コースは6月に開催されるモントレーと重複する箇所が多いですが、雪と氷に覆われた路面は状況を見極める力量が問われ、難易度が高くなります。今年の観戦エリアは、仁田沢バラキのナイトステージと、モントレーでもおなじみの大前須坂の2カ所。林道ステージでの迫力満点な走りが堪能できます。今大会は、日本スーパーラリー(JSR)、東日本ラリー選手権などと併催されます。

アクセス情報

上信越自動車道・碓氷軽井沢ICから鬼神ハイウェイを経由して約60分。上田菅平ICからは国道144号線を経由して約50分。観戦エリアはパルコール嬬恋やバラキ湖周辺に設けられ、ヘッドクオーターはホテルグリーンプラザ軽井沢に設置されます。

スキーやスノボも楽しめる

日本一のキャベツ生産地として名高い嬬恋村ですが、冬は絶好のウインタースポーツの舞台へと変身します。首都圏からの交通が至便な上、晴天率が高く、良質のパウダースノーが楽しめるとあって、毎年大勢のスキーヤー&スノーボーダーが訪れています。小さなお子さんでも安全に遊べるエリアもあり、家族連れにも人気。周辺には温泉地も多く、冬場のラリー観戦で冷えた体をゆっくりとほぐすことができます。

リンク

主催者ウェブサイト https://rally-tsumagoi.com/