チャンピオンの決め方は?

全日本ラリー選手権では、それぞれのラリーで各クラスの順位に応じて1位から8位までに得点が与えられ、その年のシリーズを終えた段階で得点の合計が最も高い選手がチャンピオンとなります。ただし、得点の合計は、選手権として成立した競技会が8戦以上の場合は高得点順に6戦の合計得点が有効得点となり、7戦以下の場合は高得点順に5戦の合計得点が有効得点となります。

得点はクラス別に1位20点、2位15点、3位12点、4位10点、5位8点、6位6点、7位4点、8位3点が与えられ、この得点にラリーごとのSS総距離と路面に応じた得点係数が掛けられます。さらにレグ2以降、レグごとの上位3クルーにはレグ別得点が与えられます。今シーズンからレグ1のレグ別得点は廃止されたため、レグ1でリタイア(レグ離脱)した場合でも、レグ2で獲得できるレグ別得点が、有効得点に大きく影響してくることも十分考えられます。この選手権ポイントは、ラリー終了後にJRCAのホームページで公開されるほか、JAFのホームページに詳しく掲載されています。

クラス別得点(係数早見表)

順位 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位
得点×1.0 20 15 12 10 8 6 4 3
得点×1.2 24 18 14.4 12 9.6 7.2 4.8 3.6
得点×1.5 30 22.5 18 15 12 9 6 4.5

得点係数

スペシャルステージの距離 ターマック グラベル
50〜100㎞未満 1.0 1.2
100〜150㎞未満 1.2 1.5

※2019年日本ラリー選手権規定第6条3.により、選手権として成立した場合、いずれも係数は0.8となる。

レグ別得点

順位 1位 2位 3位
得点 3点 2点 1点

*レグポイントは、クラスごとにドライバー/コ・ドライバーに上記の点数が与えられる。レグ別得点には得点係数はかからない。