“ラリー”ってどんな競技なの?

「ラリー」をひと言で言うと、一般の道路を封鎖した複数の競技区間=スペシャルステージ(SS)を1台ずつタイムアタックし、その合計タイムで勝敗を競うモータースポーツです。SSとSSの間は一般の道路を使用する「リエゾン」と呼ばれ、法定速度で一般車両と一緒に走行しつつ、あらかじめ決められた時間までに移動していきます。

全日本ラリー選手権は、基本的に土曜日と日曜日の2日間を使って行われ(一部金曜日も実施するラリーもあります)、約20カ所に及ぶSSを順番に走行します。ひとつのラリーにおけるSS総走行距離は50〜200km、ラリー全体での総走行距離は300kmから1000kmとラリーの規模によって様々です。この、開催地域によって環境や路面、設定された走行距離が異なるところも、ラリーならではの特徴です。路面には未舗装路(グラベル)や舗装路(ターマック)、雪や氷の路面(アイス、スノー)などがあり、マシンセッティングやタイヤ選びも重要になります。特にグラベルやアイス、スノーといった場合はサーキットのように一定の路面ではなく、天候や前走車の走り方によっても路面は刻一刻と変化していくため、ドライバーはそれを的確に判断しながら最速タイムを目指します。

ラリーはサーキットのような周回路と違い異なる場所を走行します。競技中の安全を確保するため、ラリーでは「レッキ」と呼ばれる事前試走を各SS2回ずつ行って、コースの形状や特徴を示す「ペースノート」を作り、本番では助手席のコ・ドライバが読み上げるペースノートを頼りにタイムアタックを行います。

なお、ラリーに出場するためには、ドライバー/コ・ドライバーともJAFの競技ライセンス(国内Bライセンス以上)が必要です。国際格式のラリーやWRCの場合は、参戦経験を積まなければ取得できない、国際Cライセンス以上が必要となります。

日本のラリーはどこで行われているの?

全日本ラリー選手権は日本自動車連盟(JAF)登録クラブ・団体が主催する国内格式のラリー競技です。その下に全国5地区で開催される地方ラリー選手権があり、それぞれに6〜9戦程度の選手権が置かれています。さらにその下には都道府県レベルのラリーシリーズやジュニアラリーシリーズなどが置かれるピラミッド構造となっています。現在、JAFの選手権がかかっているラリーの大半は、世界ラリー選手権などと同様のルールで、競技区間“スペシャルステージ”(SS)での速さを競う「SSラリー」です。

2017年の全日本ラリー選手権は全9戦が行われます。今年は関東、北海道、中部で2戦ずつ、近畿、四国、九州で1戦ずつの合計9戦が予定されています。

ちなみに、2017年からトヨタ自動車が復帰したことで話題となっている世界ラリー選手権(WRC)は、国際自動車連盟(FIA)が管轄する世界最高峰のラリーです。1973年からスタートし、今年は年間13戦が予定されています。ひとつのラリーは3〜4日間をかけて戦われます。かつて日本でも2004年から北海道でWRCが開催されていましたが、2010年を最後に開催されていません。