05a_7J7X7219

開催概要

日程
6月10日(金)〜12日(日)
開催地
福島県棚倉町・鮫川村・いわき市
総距離
460km
SS路面
グラベル
主催団体
マツダスポーツカークラブ(MSCC)

シリーズグラベル初戦は、ハードな山岳ステージが舞台

05b_7J7X7760

江戸時代の棚倉藩の城下町、福島県棚倉町を拠点に開催される第4戦は、今シーズンのグラベルラリー初戦となる重要な1戦です。SSは、深い轍が刻まれた路面や砕石が散乱したガレ場が多いため、SS総距離は約70km(予定)と短めですが、全日本ラリー随一とも言われるラフロードが連続します。そのため、タイヤのパンクやサスペンションを傷めるといった車両トラブルでリタイアする車両が続出することが多く、0.1秒を争うスプリントラリーながらもサバイバルラリーの一面も持っています。

ギャラリーステージは、ラリーの拠点となるルネサンス棚倉と、広大な牧草畑のなかのターマック林道を縫うように疾走する鹿角平観光牧場の2カ所。特にルネサンス棚倉では、篠塚建次郎によるデモラン&同乗走行や、じゃんけん大会なども実施。サービスパークも近く、スタート、フィニッシュ、整備の様子まで丸2日間楽しめます。

アクセス情報

ルネサンス棚倉は、東北自動車道の白河ICから国道289号線で約40分。常磐自動車道は那珂ICから国道118号線経由で約90分、いわき勿来ICから国道289号線経由で約60分。電車の場合は、水郡線棚倉駅から徒歩10分となっています。ルネサンス棚倉から鮫川村の鹿角平観光牧場まではクルマで約40分程度かかるので、観戦したい人はクルマは必須です。

豊かな自然で育まれた地元の農産物が話題

05_fukushima_fruits

福島県の農村地帯である開催地周辺は、農産物の名産品が豊富。棚倉町のブルーベリは、視力や眼精疲労の回復、美肌、便秘、動脈硬化の予防に効果があると言われます。また、鮫川村の「手まめ館」では地場産大豆でつくる味噌や豆腐、きな粉が人気。太陽の光をたっぷりと浴びたいわき市の完熟トマトも深い味わいが注目を集めています。

リンク

主催者ウェブサイト http://www.mazdasportscarclub.jp/Fukushima2016.html