02b_N41A1698

開催概要

日程
4月29日(金)〜5月1日(日)
開催地
愛媛県久万高原町
総距離
306.30km
SS路面
ターマック
主催団体
松山オートクラブ(MAC)、チーム.エトワール(ETOILE)、ドライバーズクラブルーキー(D.C.R.)

国内最長のターマックステージを誇るタフなラリー

02a_N41A0493

ターマックとグラベルのどちらでもラリーを開催できるフィールドを兼ね備えている久万高原ラリーは、昨年から再びターマックを舞台に全日本ラリーを開催しています。ラリーの拠点となる美川スポーツランド(美川スキー場跡地)は、標高約1000m付近に位置し、ほとんどのSSが雲海を見下ろす高地に設定されているため、「天空のバトル」とも言われています。特に、四国カルストの広大な台地を眺望することができる大川嶺は、このラリーの名物ステージとして人気を集めています。

また、今年はSS総距離が150kmを超え、1本のSSが20kmを超えるロングSSも設定。もともと空気が薄い高地が舞台となるため、エンジンパワーに大きな影響を与えるラリーですが、今年はブレーキにも厳しいラリーが展開されることが予想されます。美川スポーツランドに設定されたギャラリーステージでは、日中でも真っ赤に焼けたブレーキローターを見ることができます。

アクセス情報

ヘッドクオーターやサービスパーク、ギャラリーステージが集約されている旧美川スキー場(美川スポーツランド)までは、クルマの場合は松山ICから国道33号線で約90分。松山市内から麓までのバスもありますが、スキー場まで10km弱あるため、レンタカーなどでの移動が基本。スキー場までの道ではラリーカーともすれ違うことがあるため注意。

高地の気候を活かしたトマトやそうめんが名物

02_kuma_tomato

冷涼な気候を活かした色とりどりの高原野菜が名産の久万高原町。なかでも「桃太郎トマト」は減農薬減化学肥料に取り組み、「エコひめ」の認証を受けた安全/安心なトマトです。地元では「どんぐりトマト」と呼ばれている「アイコ」も、糖度と酸味のバランスがとれた逸品。水がきれいな町ならではの「美川手延べそうめん」もぜひ!

リンク

主催者ウェブサイト http://www2.odn.ne.jp/mac/