開催概要

日程
2020年9月11日〜13日
開催地
北海道帯広市
SS路面
グラベル
総距離
約800km
主催団体
AG.メンバーズスポーツクラブ北海道

国内最大級のスケールで開催、ダイナミックな走りを堪能できる

2001年から毎年国際ラリーを開催し、長年FIAアジア・パシフィックラリー選手権(APRC)と併催されるラリー北海道は、日本で初めてWRCイベントが行われた十勝平野を舞台に開催されるグラベルラリーです。開催規模、SSの総距離ともにスケールの大きさは国内最大級。そのハードなステージは、例年、選手権争いの天王山になることが多い一戦です。今年はステージの総距離が140kmほどと昨年よりも短くなりますが、それでも選手権屈指のロングステージが多く、最後まで何が起こるか分かりません。ラリーの拠点は帯広市内の北愛国交流広場。観戦エリアは陸別オフロードサーキットなどの特設ステージや林道ステージなど、各ステージで2回ずつ走行を予定しています。

アクセス情報

札内川河川敷に設置される北愛国交流広場までは、帯広駅からクルマで20分、とかち帯広空港からは同30分。観戦エリアが設置される陸別サーキットへは、道東自動車道・足寄ICから国道242号線を通り、約40分。HQ設置の明治北海道十勝オーバルまでは、帯広・広尾自動車道・芽室帯広ICもしくは帯広川西ICから約15分の距離。

秋の北海道、自然や名物料理を堪能

昨年よりも2週間ほど開催が早い今年は、例年よりも過ごしやすい季節の十勝を楽しめます。帯広で定番の豚丼を食べた後には、紫竹ガーデンを散策するのはいかが。1万8000坪の敷地いっぱいに植えられた草花が出迎えてくれます。競走馬がそりを引きながら力量を競う「ばんえい競馬」が公営競技として開催されるのは、日本では帯広だけ。鉄道好きの方には、幸福駅は見逃せないスポットです。

リンク

主催者ウェブサイト http://www.rally-hokkaido.com/jp/