開催概要

日程 2021年6月12日〜13日
開催地 群馬県高崎市
SS路面 ターマック
総距離 約410km
主催団体 マツダスポーツカークラブ、NPO法人 MOSCO、上州オートクラブ
ウェブサイト https://rally-montre.com/

高崎拠点の新生モントレーは、タイヤコントロールが鍵に?

関東の全日本ラリー戦として長い歴史を誇るモントレーは、2020年、再び開催地を変更しましたが、新型コロナウイルス感染流行拡大を受けて、開催中止となりました。このため、2021年は初めて、高崎市を中心とする群馬県西部地域での新生ターマック戦として開催されます。SS総距離は約80kmで、デイ1、デイ2に2本ずつのコンパクトなラリー設定。一方で、いずれも20km前後のステージですので、タイヤコントロールが勝敗に左右する可能性も高くなりそうです。観戦ステージについては、現在、自治体と調整中。コロナの状況が改善され、自治体の協力があれば設定する可能性がある状況ですので、最新情報をご確認ください。

アクセス情報

サービスパークが設定されるGメッセ群馬は、JR高崎線の高崎駅から徒歩で15分ほどと交通至便。自動車では、関越自動車道高崎IC、前橋ICからそれぞれ15分ほどです。

高崎市を見守る白衣大観音、粉もの料理も名物

高崎市のランドマークとなるのは、周辺で観戦ステージも設定される標高190mの観音山。鎮座する白衣大観音は高さ41.8mで昭和11年に建立されました。9階建ての胎内は拝観も可能で、階段で肩まで上ることができます。周辺の公園は高崎市民の憩いの場となっています。また粉もの料理の名物も多く、焼きまんじゅうや「おっきりこみ」などの郷土料理のほか、市内にはパスタの名店が点在し、近年は「パスタの街」として話題を集めています。