開催概要

日程
2018年4月6日(金)〜8日(日)
開催地
佐賀県唐津市
総距離
420km
SS路面
ターマック
主催団体
グラベルモータースポーツクラブ

タイヤの磨耗を考慮に入れた走りが必要な高難度のターマックラリー

2016年までは開幕戦として行われてきたツール・ド・九州in唐津。市内にある唐津神社で交通安全及びラリーの安全祈願が行われ、ラリーがスタートします。今年は、イベント広場とサービスパークがこれまでの唐津壱岐フェリーターミナル付近にある二夕3丁目倉庫一帯から、ボートレースからつ前・松浦河畔公園駐車場に場所を移し開催されます。コースに使用されるターマック路面は、タイヤへの攻撃性が高く、ドライバーはタイヤの磨耗を考慮に入れた走りを求められます。シリーズの中でも難易度が高く、タイヤに厳しいラリーと言われています。観戦エリアは土日に1箇所ずつ設定されており、イベント広場ではオートテストなども行われます。

アクセス情報

クルマの場合、福岡市内からは福岡高速道を通り、福岡前原道路を経由、唐津道路の唐津ICまでが約60分。佐賀市内からは国道203号線を経由し、厳木多久道路で約1時間。鉄道なら、福岡方面からは福岡市営地下鉄空港線〜JR筑肥線「東唐津駅」下車。ヘッドクオーターのあるイベント広場まではタクシーなどで約5分。

01_karatsu_ika

玄界灘を一望。新鮮なイカに舌鼓

玄界灘に面し、福岡市方面からも日帰り観光できるとして人気の唐津市。ご当地グルメとして人気なのは、呼子のイカ。古くからイカ漁が盛んで、名物の「イ
カの活き造り」は遠方からわざわざ目当てにやってくる人も多いのだとか。唐津のランドマークといえば、唐津城。市内を流れる松浦川の河口に、鶴が翼を広げたように見えることから舞鶴城とも呼ばれています。絶景を眺めるには鏡山がオススメ。展望台があり、唐津湾を一望できると口コミで評判に。

リンク

主催者ウェブサイト http://gravel-msc.info