開催概要

日程
2019年4月6日(金)〜8日(日)
開催地
佐賀県唐津市
SS路面
ターマック
総距離
約350km
主催団体
グラベルモータースポーツクラブ

今年はボートレースからつを拠点に開催

2016年までは開幕戦として行われてきたツール・ド・九州 in 唐津。参加者が市内にある唐津神社に参拝し、交通安全及びラリーの安全を祈願することが恒例となっており、今年もここからラリーがスタートします。イベント広場とサービスパークは、ボートレースからつ内に設置され、約10年ぶりにボートレースからつでのギャラリーステージも復活。気軽に足を運びやすいこのステージは、多くのギャラリーが訪れることが予想されます。林道ステージに使用されるターマック路面はタイヤへの攻撃性が高く、ドライバーはタイヤの磨耗を考慮に入れた走りを求められる、シリーズの中でも難易度が高いイベント。今年は林道ステージにも新たな観戦エリアが設定される予定です。

アクセス情報

クルマの場合、福岡市内からは福岡高速道を通り、福岡前原道路を経由、唐津道路の唐津ICまでが約60分。佐賀市内からは国道203号線を経由し、厳木多久道路で約1時間。鉄道なら、福岡方面からは福岡市営地下鉄空港線から直通のJR筑肥線「東唐津駅」下車。ヘッドクオーターのあるイベント広場まではタクシーなどで約5分。

ランドマークは玄界灘を一望できる唐津城

玄界灘に面し、福岡市方面からも日帰り観光できるため人気の唐津市。ランドマークである唐津城は、市内を流れる松浦川の河口に位置し、鶴が翼を広げたように見えることから舞鶴城とも呼ばれています。絶景を眺めるには鏡山がオススメ。展望台があり、唐津湾を一望できます。ご当地グルメとして人気なのは、呼子のイカ。古くからイカ漁が盛んで、名物の「イカの活き造り」は遠方からわざわざこれを目当てにやってくる人も多いのだとか。

リンク

主催者ウェブサイト http://gravel-msc.info