開催概要

日程
2018年11月2日(金)〜4日(日)
開催地
愛知県新城市
総距離
約350km
SS路面
ターマック
主催団体
モンテカルロ・オート・スポーツ・クラブ

5万人を超える大観衆を集める、国内屈指の人気イベント

シリーズ最後を締めくくる最終戦は、メイン会場を愛知県新城市内の新城総合運動公園、SSには近隣のワインディングロードを舞台に争われるターマックラリー。様々なキャラクターのコースが設定されているため、幅広いスピードレンジに合わせたセッティングを行うことが好成績に結びつくカギといえます。観戦エリアは新城総合公園内のほか、メイン会場から40km離れた鬼久保サテライト会場が設置され、本格的なSS走行シーンを間近で見ることができます。また今シーズンは、SSの100kmオーバーやTGRラリーチャレンジエキスパートクラスのステップアップ版として選手権外クラスを設けるなど、新しい試みも予定されています。

アクセス情報

新東名高速道路・新城ICがメイン会場となる新城総合公園まで2kmの場所に開通、アクセスが大幅に改善。開催期間中には駐車場が設けられないので、観戦者専用
駐車場からシャトルバスを使ってのアクセスになるので要注意。新城ICまで目安の所要時間は、名古屋ICから約45分、東京(用賀)ICから約3時間。

信長ゆかりの古戦場、ご飯も美味しい

メイン会場となる新城総合公園は、日本歴史上初めて鉄砲が合戦において大量に使われ、織田信長が歴史の舞台に立った長篠の戦いがあった長篠設楽古戦場跡のすぐ近く。合戦の史跡も多く、歴史好きなら歴史資料博物館を含めて訪れるのもいいかもしれない。また、毎年7月には合戦を再現し、火縄銃による演武や子供武者による演武などを行う設楽原決戦祭りが開催されます。五平餅や次郎柿、八郎丸さといもなど全国的に知られるグルメ・食材も多い。

リンク

主催者ウェブサイト http://www.shinshiro-rally.jp/