開催概要

日程
11月3日(金)〜5日(日)
開催地
愛知県新城市
総距離
約350km
SS路面
ターマック
主催団体
モンテカルロ・オート・スポーツ・クラブ(MASC)

5万人以上の観客が観戦に訪れる一大イベント

シリーズを締めくくる最終戦は、愛知県東部の県営新城総合公園を拠点として、近隣のワインディングロードを舞台に争われるターマックラリー。愛知県が認定する「名古屋ウィメンズマラソン」と並ぶ、2大スポーツイベントのひとつとして定着しています。様々なキャラクターのコースをもつことが特徴で、幅広いスピードレンジに合わせたセッティングを見出すことが好タイムを獲得するカギと言えます。

観戦エリアは新城総合公園のラリーパーク内を走行するSSのほか、メイン会場から約40km離れた鬼久保ふれあい広場に「鬼久保サテライト会場」を設置し、本格SSが観戦できるような工夫もされています。

アクセス情報

新東名高速道路の新城ICが開通し、クルマでのアクセスが大幅に改善した新城ラリー。名古屋ICから新城ICまでは約45分、東京(用賀)からは約2時間50分で、新城ICから会場の新城総合公園まではわずか2kmという好立地。ただし公園に駐車場は設けられず、観戦者用駐車場からシャトルバスを使ってのアクセスとなることに注意。

IMG_1726

イベント会場には数多くの出店も登場

長篠・設楽ヶ原合戦の史跡として有名な新城市は、豊かな自然、興味深い歴史、そしてグルメにあふれた魅力あるエリアです。次郎柿、里芋の八名丸、鳳来牛など様々な特産品がありますが、なかでも関谷醸造の「ほうらいせん」は、地元を代表する銘酒として愛されており、SSの名称やラリーゲートなどにも使われおなじみの存在です。

リンク

主催者ウェブサイト http://www.shinshiro-rally.jp/