08a__D4N5360

開催概要

日程
10月14日(金)〜16日(日)
開催地
岐阜県高山市
総距離
約300km
SS路面
ターマック
主催団体
松本カースポーツクラブ (M.C.S.C.)

紅葉に染まる飛騨高山の山々を走る伝統の1戦

08b_hy7J7X6249

今年で44回目の開催を迎えるラリーハイランドマスターズは、全日本ラリーのなかで最も長い歴史を誇る伝統の1戦です。かつてはラフロードを昼夜問わずひた走るラリーのスタイルから「カーブレイクラリー」と呼ばれていましたが、2008年以降はターマックラリーとして開催され、耐久性よりも速さが重視したスプリントラリーへと変貌を遂げました。

ラリーの拠点は、岐阜県高山市郊外の道の駅・モンデウス飛騨位山。そこから集落を挟み東側に位置する舟山スノーリゾートアルコピアでは、大きな駐車場に設定された特設ステージを観戦することができます。また、今年は全日本ラリー選手権としての競技性だけではなく、観戦者向けのラリーパークなど、PR面でも充実を図り、多くの観客を集う計画も行う予定です。SS総距離を約90kmに延長する予定もあり、0.1秒を争うスリリングな展開とともに、マシンやタイヤの耐久性も重要なポイントとなりそうです。

アクセス情報

高山市までのアクセスは、東京からは中央道~国道158 号線(途中に安房峠道路)経由で約5時間。名古屋市内からは名古屋高速~名神高速~東海北陸道~国道41号線経由で約150分ほど。ギャラリーステージのひだ舟山スノーリゾートアルコピア/サービスパークのあるモンデウス飛騨位山は、高山市内からクルマで40分程度の場所に位置しています。

飛騨牛から朴葉みそまで、極上グルメの宝庫

08_takayama_hidagyu

「飛騨の小京都」と呼ばれる高山市は、国選定重要伝統的建造物群保存地域に指定され、海外からも多くの観光客が訪れる観光スポット。名物も多く、北アルプスの自然が育んだ飛騨牛、赤かぶら、鶏ちゃん、朴葉味噌、宿難(すくなか)かぼちゃなど、ここでしか食べられない特産品がいっぱい。極上グルメをぜひ堪能してください。

リンク

主催者ウェブサイト http://mcsc-rally.com/