ラリーは公道を舞台としたモータースポーツ。その国内最高峰カテゴリーが、全日本選手権です。
簡単なルールや楽しみ方、その魅力についてご紹介していきましょう。

ラリーってどんな競技?

ラリーとは、複数の競技区間=スペシャルステージ(SS)を1台ずつタイムアタックし、その合計タイムで勝敗を競うモータースポーツです。競技区間であるSSは一般の交通が遮断され、閉鎖された環境で行われますが、SSとSSの間をつなぐ移動区間(リエゾン)は、一般の道を使い、一般車と同じように交通法規を守って移動します。

全日本ラリー選手権は、国内におけるラリー競技の最高峰。基本的に土曜日と日曜日の2日間を使って行われ(一部金曜日にもSSを実施するラリーもあります)、約20カ所に及ぶSSを順番に走行します。ひとつのラリーにおけるSS総走行距離は50〜200km、ラリー全体での総走行距離は300kmから1000kmとラリーの規模によって様々です。

開催地域によって環境や路面、設定された走行距離が異なるところも、ラリーならではの特徴と言えるでしょう。路面には非舗装路(グラベル)や舗装路(ターマック)、雪や氷の路面(アイス、スノー)など様々な種類があり、車両のセットアップやタイヤ選択も勝敗を分ける重要な要素です。特にグラベルやアイス、スノーなどの場合は、天候や前走車の走り方によって路面状況が刻一刻と変化していくため、ドライバーはそれらを的確に判断しながら最速タイムを目指します。

競技中の安全を確保するため、全日本ラリー選手権では「レッキ」と呼ばれる事前試走を各SSあたり2回ずつ行い、各クルーはコースの形状や特徴を示す「ペースノート」を作成します。本番の走行では、助手席のコ・ドライバーが読み上げるペースノートを頼りにタイムアタックを行います。

なお、ラリーに出場するためには、ドライバー/コ・ドライバーともJAFの競技ライセンス(国内Bライセンス以上)が必要です。国際格式のラリーや世界ラリー選手権(WRC)の場合は、参戦経験を積むことで取得できる国際Rライセンス以上が必要となります。