総合優勝(JN4クラス優勝)柳澤宏至/中原祥雅

久万高原ラリー2013

開催日時:5月3〜5日
開催場所:愛媛県久万高原長周辺
スペシャルステージ本数:15本
スペシャルステージ総距離:74.08km
ラリー総距離:258.66km
SS路面:グラベル(未舗装路)
SS路面状況:デイ1 ドライ、デイ2 ドライ
ポイント係数:1.5

ラリー概要

JAF全日本ラリー選手権第2戦は、国内で唯一四国で開催される「久万高原ラリー」。2011年にグラベルイベントに変更されてから3回目の開催となる。

コースは道幅が狭く、細かな連続コーナーを有するテクニカルな設定が特徴。尖った岩を含むガレ場などもあり、マシンにもドライバーにも負担を強いるラリーだ。

サービスパークが置かれたのはターマック時代から同じ美川スキー場で、セレモニアルスタート/フィニッシュとギャラリーステージもここに備えているため、観客はマシンやメンテナンスの様子からSSまで、1日同じ場所で楽しめる。

0カーは毎年恒例となった新井敏弘がドライブ。華麗なドリフトで観客を沸かせた。エントリー総数は45台で、開幕戦に続いて全クラスが成立した。

デイ1は、ロングコーナー主体のダウンヒル「大谷支線」(6.31km)、全日本戦では初めて使用される路面が荒れた「東古味西谷線」(8.35km)、そして前半ターマック、後半グラベルのギャラリーステージの「スキー場」(1.12km)を、2度のサービスを挟んで3回ループする9SS。デイ2はステージの一部を「大谷支線」と共用する「イワタケ」(3.22km)、毎年数々のドラマを生んできたこのラリー最大の難ステージ「大野ヶ原線」(9.03km)と、「スキー場」の3カ所を2回走行する全15SSで争われた。

JN4クラス:柳澤宏至が久万高原で初勝利

JN4クラスは、まず柳澤宏至(スバルWRX STI)がSS1、SS2で連続ベストタイムをたたき出し、首位に躍り出る。デイ1午前中は勝田範彦(スバルWRX STI)、奴田原文雄(三菱ランサーエボリューションX)、柳澤が0.1秒を争う好勝負となった。

しかし午後1本目のSS4で、勝田がハーフスピンを喫し約10秒をロス。さらに、SS5で今度は奴田原のマシンにトラブルが発生。スタートから2kmの地点で右リヤタイヤがパンクしてしまったのだ。奴田原は残る7kmをタイヤを交換せずにそのまま走ることを決断。結果的にここで45秒以上を失ってしまった。結果、柳澤が首位、2番手に勝田、そして午後になってセッティングが合ってきた石田正史(三菱ランサーエボリューションX)が3位に浮上する。

明けたデイ2もデイトップを奪った柳澤が勝田とのタイム差を広げ、2012年洞爺以来の3勝目を挙げた。安定した走りで勝田が2位をキープした。

最後まで目を離せなかったのは3位争いだ。4番手だった奴田原がデイ2に入って猛チャージを仕掛け、クラッチトラブルに苦しむ3番手の石田にプレッシャーをかける。1.12kmの最終SS前でその差は6.1秒。もはや逆転は難しいかと思われたが、なんと石田がインカット時にタイヤをバースト。結局ここで1分8秒6というスーパーベストタイムをマークした奴田原が、大逆転の3位に返り咲いた。

JN3クラス:初日から首位を譲らず上原利宏が優勝

JN3クラスは、前戦唐津で活躍した筒井克彦(三菱ミラージュ)がSS1で、山口清司(トヨタ・レビン)がSS2でそれぞれリタイアとなる波乱のスタート。上原利宏(ホンダ・シビック)と小倉雅俊(ダイハツ・ブーンX4)が壮絶なトップ争いを演じたが、セクション3で小倉のタービンが壊れペースダウン。そのままサービスでリタイアとなり、上原が独走状態のままでデイ1を折り返す。上原はそのままデイ2も首位を維持し続け、優勝を果たした。

2位を巡る戦いも過熱した。デイ1を終えてトヨタ86の三好秀昌と横尾芳則が僅差で続いていたが、デイ2のSS11で三好の86のドライブシャフトが折損し、横尾が2位に浮上。しかしそれもつかの間、2011年にここ久万高原での優勝経験もある香川秀樹(ホンダ・インテグラ)が、SS11と14でタイムアップし横尾を逆転。結局2位に香川が入賞、横尾が今季初のポディウムを獲得した。

JN2クラス:チャンピオン天野智之、今季初勝利

JN2クラスは最初のループで川名賢(トヨタ・ヴィッツ)が好タイムを連発するが、2度目のループで天野智之(トヨタ・ヴィッツ)が徐々に追い上げて川名を逆転。岡田孝一(マツダ・デミオ)も速さを見せるがSS7でドライブシャフトが折れてリタイアに終わり、天野と同じ現行型ヴィッツの高橋悟志が3位に浮上する。最終的にこの新旧ヴィッツ3台がそのままの順位を維持した。

JN1クラス:宇田圭佑が1.3Lデミオで初優勝

JN1クラスは、ストーリアやマーチといった旧型マシンが活躍するなか、現行デミオの1.3Lモデルを投入した宇田圭佑が終始好タイムを重ね、ニューマシン投入1戦目での大金星を挙げた。ストーリアX4の松岡竜也が2位、昨年JN1チャンピオンを獲得した山口貴利のストーリアX4を駆る鷲尾俊一が3位となった。

総合結果

出走45台/完走30台

順位 クラス ドライバー/コ・ドライバー 車名 タイム
1 JN4-1 柳澤宏至/中原祥雅 CUSCO ADVAN WRX-STI 1:13:14.4
2 JN4-2 勝田範彦/足立さやか ラック 名スバル DL WRX STI 1:13:33.4
3 JN4-3 奴田原文雄/佐藤忠宜 ADVAN-PIAAランサー 1:14:09.8
4 JN4-4 石田正史/宮城孝仁 DL テイン マルシェランサー 1:14:10.2
5 JN4-5 桑田幸典/澤田耕一 PLUM・DL・SRSランサー 1:14:41.2
6 JN4-6 高山 仁/河野洋志 NENC IMMENS DLインプレッサ 1:15:18.3
9 JN3-1 上原利宏/佐瀬拓野 BF-アクションDLシビック 1:18:52.9
12 JN2-1 天野智之/井上裕紀子 豊田自動織機・ラック・DLヴィッツG’s 1:19:49.0
26 JN1-1 宇田圭佑/石川恭啓 BRIGヨコハマWAKO’Sデミオ 1:21:18.1

注)JN4クラスは3000ccを超える車両、JN3は1500ccを超え3000cc以下の車両、JN2は1400ccを超え1500cc以下の車両、JN1は1400cc以下の車両(過給器つき車両は排気量×1.7で換算)

参考総合結果表: 2013_rd02(PDF)  2013_rd02(Excel)

ご注意:ここに掲載の本レポートおよび結果表等はJRCAが独自に取材、入手したものでJAF公式発表のものではありません。従ってJRCA以外から発表されるそれらのものと若干異なる場合や誤りのある場合もありますので、あらかじめご了承のうえ参考資料としてご覧ください。

イベントフォト